SSブログ
コールドケース S1 ブログトップ

コールドケース(ColdCase)  第5話 ランナー [コールドケース S1]

CC5.jpg


第5話 ランナー (The Runner)
麻薬中毒者が拾った古いテープレコーダーに、3発の銃声と「ランナー」という叫び声が残されていた。
調査の結果、1973年に発生した警察官ジョーの殺害事件の音声と判明。再捜査を開始したリリーは、
ジョーの意外な過去を知る
                             (AXNより抜粋)

こっこれは・・・・そのまま過ぎる(--;)!
絶対ひとひねりある!って(勝手に想像して)犯人は相棒ブッチだ!って決めてみている
と・・・ブッチ普通の警官じゃん(+_+)。
殺人課っていうエリート課にいるリリーへの嫌味は言っていたけど、最後はリリーといっ
しょにお酒飲んでたし、いいやつだった・・・。
でも、再調査に怒っていたのは、当時ジョーが過去麻薬の売人だったって、判明していて
黙っていたのかなぁジョーの名誉の為に?
最後の奥さんとジョーが守ろうとした女の子のハグにはなんだか感動した・゚・(つД`)・゚・。
奥さんはこれで立ち直ることができるといいし、現在は麻薬中毒だけど、ジョーの為にも
なんとか克服して欲しいところです(〃ゝω・人)。


コールドケース(ColdCase)  第4話 靴下 [コールドケース S1]

CC4.jpg


第4話 靴下 (Churchgoing People)

1990年、教会のオルガン奏者で敬虔なキリスト教徒だったミッチ・ベイズ
の遺体が、売春街でコカイン容器やポルノ雑誌の山の中から発見される。
妻でありアルツハイマーを患うシャーロット・ベイズはその殺人事件に関
するフリーバックを体験し、リリーは彼女への同情心から事件の捜査を
再開する。当時のずさんな担当警官による捜査の不十分さに悩まされなが
らも、やがてミッチが教会仲間のジュディ・エンライトと頻繁に会ってい
たことが判明するのだが…。
                       (WOWOWより抜粋)

ひさびさにコールドケースです・・・AXNはもうすでに17話まで行ってる?!
ためすぎました・・・(TロT) エーン
だって・・・GTA4が楽しすぎるんだもん♪~( ̄ε ̄;)!!
がんばって追いつくZo┗(`o´)┓┏(`○´)┛┏(`o´)┓┗(`O´)┛!!

アルツハイマーをわずらう母親、介護に疲れてしまっている息子、そして過去・旦那
(父親)を殺人事件で亡くし、事件は未解決とわかって、リリーじゃなくても同情して
しまう。当時、担当した刑事は酒に溺れて捜査どころじゃなかったらしく、検証もちゃ
んとせず、コールドケースに・・・。
でも、この刑事さんかっこいい~(*' '*)。十年前はダメ刑事だとちゃんと認めて、現在は立ち
直っているし、リリーに聞かれてからこの事件のこともちゃんと調べて・・・。
今後も登場して欲しいなぁ~無理かな?たしか失踪班だったしねぇ(T-T) 。
あ~素敵親父の常登場を切に希望!スティルマン警部とジェフリーズ刑事は親父過ぎるし、
ヴェラは・・・違うし、ヴァレンズは・・・( -_-)。
それにしても、真面目にシャーロット、怖~w(:_;)w。
母が普通でよかったって、つい安堵してしまったヾ(´▽`;)ゝ。
最初のディナーシーンで微妙な空気がなんとなく流れていたけど、暴力妻だったなんて、
本当にアルツハイマーなのか旦那さん殺してしまっておかしくなったのか?微妙な感じ
もする。( -_-)
最初は徘徊しちゃうから、仕方なく保護の為に拘置所?に入れていたのに、最後は本当に
入れることになるなんて・・・ちょっと複雑な気持ちになった。


コールドケース(ColdCase)  第3話 猫 [コールドケース S1]

CC3.jpg


第3話 猫 (Our Boy is Back)

1998年、独身女性ばかりを狙った連続暴行事件が起こる。
しばらく事件は鳴りを潜めていたが、「5年の留守ののち、フィラデル
フィアに戻った」という犯人の犯行予告声明を受け取り、リリーと
ヴェラは行動を起こす前に捕らえようと捜査を再開する。
かつての最重要容疑者はブルース・エルリッジ。
ただ1人首を絞められて殺された被害者の元交際相手だ。
彼はDNA鑑定をずっと拒否し続けており、捜査はエルリッジ関与の線で
進んでいたのだが…
                           (WOWOWより抜粋)

犯人はブルースだと予想したのにみごとにはずしてしまった・・・・(;^^)。
猫の動物実験はしてるし、かなり変な奴だから。今回は彼ではなかったけど、
今度に犯人として再登場するんじゃ?って思わせる怪しい人物でした(;¬_¬) 。
事件発生当時、ヴェラがボコボコ(4回も病院送り)にしたみたいだけど、気持ち
わかる~って感じ。
そのまま、犯人もボコにしてくださいって思ってしまったo(`ロ')<〇> 。
しかも今回は殺された被害者の向かいの部屋の男もかなり怪しい感じで、怪しい奴
だらけ・・・。予想が全くはずれまくり└(T_T;)┘。
結局向かいの男は良い人で・・・一番見た目怪しそうだったけど、人は見かけによら
ないって事ですね( ..)。
そんな、みんながあつくなってしまう犯人にリリーは冷静。自白の腕は「クローザー」
のブレンダにも負けない感じがする(*^_^*)。
今回のエンディング曲はThe WallflowersのHeros、1998年なんでつい最近
ですね。この曲もかっこいい~v(^o^ )


コールドケース(ColdCase)  第2話 通信記録 [コールドケース S1]

CC2.jpg


第2話 通信記録  (Gleen)

1983年、消防士ロブ・ディーマーの妻デイナが、火薬物の爆発で殺害された。
成長し、殺害当時の母の年齢になったロブの娘グウェンは、その犯人が別事
件で逮捕されているアルバート・ミラーだと信じて疑わない。
彼の仮出獄が迫ってきたため、ロブの新しい婚約者がリリーのもとを訪れ、
グウェンのためにもロブの前妻を殺したのがアルバートだということを証明
してくれと頼む。
捜査を進めていくうちにリリーは、新たな事実へとつながる証拠を発見する
のだが…
(wowowより)

リリーは仲間達が現在の事件を担当する中、またまたコールドケースを担当する
ことになるんですが、やっぱりリリーはかっこいい~!!o(^-^)o
前回に引き続き、自己中・支配欲満点男との対決でしたが、その癖を利用して、
自白させちゃう所がいいですねv(^o^)。
当時、5歳の被害者の娘グウェンはすっごく可愛い子。いい子だったのに、母親
の瀕死の姿を見てしまい。そしてその犯人だと信じる男が釈放されるっていう状況
に、25歳の女性になっていましたが、リリーの言うとおり、「彼女は5歳の時のま
まま時が止まってる」感じで、目が座ってかなり危ない感じがアリアリと伝わって
きました。(俳優さんの演技がすごいです)(-_☆)
今度は、父親が犯人だとわかって、余計にショックだと思われ・・・彼女の将来が
心配になりましたが、逮捕の時、リリーは手錠を掛けず、継母になる予定だった人は
グウェンの肩をそっと抱いていたので、彼女がいたらきっとっていう希望がある感じ
のエンディングが良かったです(。-_-。)。
エンディング曲のBryanAdams StraightFromtheHeart
もいい曲でした(*^^*)


コールドケース(ColdCase) 第1話 テニスラケット [コールドケース S1]

コールドケース1


コールドケース(ColdCase)

第1話 テニスラケット (米題 Look Again)

1976年、ウィットリー家のメイドが、少女ジルの殺害現場を目撃する。
当時は失業を恐れて沈黙を守ったが、癌に冒され余命幾ばくもなくなった今、
彼女は再捜査を依頼。捜査を再開したリリーは、容疑が掛かったていた兄弟が、
名家の子息ということから無罪となっていたことを知る。当時ジルとつきあっ
ていた兄のトッドは、現在売れっ子の弁護士で、ジルの親友だったメラニーと
結婚している。一方ジルに恋していた弟のエリックは、離婚や失業で酒に溺れ
ていた…                       (WOWOWより)

アメリカでは殺人には(原則)時効がないので未解決事件はコールド・ケースと
して、永久に保管されているらしい・・・。
そのコールド・ケースを再検証して真実に近づき、解決していく。
女性刑事、リリー・ラッシュが活躍するクライムサスペンスドラマです。
製作総指揮はCSIシリーズのジェリー・ブラッカイマーでから、刑事物として
面白くない訳がない!!って事で、すっごく綺麗な金髪女性が主役の「コールド
ケース」見始めました(´ー`) (笑)

3連続?の殺人事件を掛け持ちしているリリーはめちゃ忙しい。徹夜明けに殺人
現場に来ていたリリーに、ボニータという女性が尋ねてくる。(但し同僚がリリー
に押し付けただけなのです)用件は27年前の殺人事件について、目撃証言をした
いとの事。
結局、上司の指示で27年前の未解決事件(コールドケース)をリリーが担当する
ことになる。
リリーはとりあえずウィットリー兄弟に聞き込みに行くけれど、まずは、離婚・失
業中という経歴が怪しいので、弟のエリックからリリーは聞き込みに行きますが、
エリックは27年前から内気な性格の男でしたが、事件後はそれに輪を掛けて内気
になった感じ、とにかく「何も話すことはない」と言って、逃げます。
(絶対、何か隠しているのは見え見えって感じ)(((((っ-_-)っ
そんな内気な弟とは正反対のトッドは27年前と全く、かわらず高圧的な男(見る
からに嫌な奴なんだけど、その風格と性格で?弁護士として成功している)、リリー
が痛い所と付くと、市警本部長に圧力を加えたり、わざわざ市警駐車場まで来て、
圧力・暴言を言いに来る・・・(最低男・・・)。そんな、圧力・暴言に全く動じない
リリーがめちゃくちゃかっこいい(。-_-。)。
とにかく、逮捕はされちゃったけど、もう27年前とは違うんだよ~って感じで、弟
もやっと兄立ちができて、彼にとってはよかったのではないかと・・・。

最後の兄弟が連行される時にかかっていたBGMはかなり聞いたことのある曲でした。
これを見てからしばらく口ずさんでしまいましたよ(*^^*)。
ラストの挿入歌(HaveYouEverSeentheRain? CreedenceClearwaterRevival)
なんでも、「コールド・ケース」はヒット曲をたくさん採用している為、曲の権利関
係でDVD化が難しいらしいです・・・アメリカでは第5シーズンまで放送されてい
ますが、発売されていません。

それにしても、このドラマは27年前の俳優さんと現在の俳優さんのキャスティングが
中々、いい感じ。違和感を感じませんでした。
時々ありませんか?この少年がこの親父に?この人がこの子?・・・別人やんって、つ
っこみたくなること。
(まだ第1話なので、今後はわかりませんが・・・・)


コールドケース S1 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます